記事一覧

【18年7月】ベトナム株状況 特に変わりなく

先月の更新に続き、また編集画面に入るパスワードがロックされてしまいました(笑)
7月は仕事と投資と充実した過ごし方ができたと実感できます。


投資方針は選択と集中ということで、長年続けてきたミラートレーダーを運用終了しました。
引き上げた資金は国内株(+信用取引)に回したいと考えていますが、チャンスだと思えば米国株CFDも常にチェックしています。


なぜ、ブログのタイトル通りにベトナム株を買わないのか?米国株は現物ではなくCFDなのか?
理由は2つあります。

スポンサードリンク

1.まず大きいのが海外株(特にベトナム株)ならNISA枠で買いたいが資金拘束されるのが嫌。
  →国内株現物を持てば、その80%分を担保に信用取引の証拠金としてリスク管理に使える。

2.CFDなら両替手数料の計算が面倒でなく、外貨建の資金が余ることがない。
  →そもそも両替手数料や取引手数料が高いという問題がある。

と、いうことから年末近くなるまで、基本的には国内株に全力投資していきたい方針であります。
収益力の高さなどは、アメリカのハイテク株と比べるとどこも落ちますが、投資リターンは国内株でも充分とれると感じています。

vnd 20180803a

vnd 20180803


ベトナムドン建て資産は、計1,388,782円。6月末からはトントンですが、1ヵ月経ってもまだ入らないビングループの株式配当が加算される予定です。
加算されたら金額をツイッターの方で一方入れたいと思います。


米国株は、大ニュースになったFacebookの史上最大規模の時価総額消滅などもあり、前月比マイナスになりましたが、決算自体は悪くないので気にしていません。


ブログのタイトル通りにはいきませんが、上にも書いた通り、しばらくベトナム株の買い増しは検討していません。


現在の海外株以外の運用は、国内株の現物200万円、信用残300万円程度で、含み益は計60万円程度です。
銘柄の好みはいつも書いていますが、5~10倍以上を狙えそうな株を長期目線で買います。
感覚的に伸びそうな会社か、時価総額、PER、ROE、ROAなどを見て決めます。
テクニカル面はあまり考慮に入れず、短期的に買われ過ぎていないかだけみて少し下がったタイミングで買っています。


今気になっているのは、ブロックチェーン関連と働き方改革のIT支援です。
僕は仮想通貨の取引については否定派ですが、ブロックチェーンを使ったサービスで自分が想像できないようなものも今後出てくるでしょうし、自分が働いている感じでもIT関連のサービスは依然として伸びしろがデカイと感じているからです。


また、来月には面白い報告ができるよう堅実に頑張りたいと思います。

関連記事
スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告エリア

岡三オンライン証券 総合口座開設
岡三オンライン証券 総合口座開設
岡三オンライン証券 総合口座開設?|?fx-on.com
資金拘束なし口座のIPO申込み再開
「落選」通知がツラかったので、、


bitFlyer 口座開設
bitFlyer 口座開設
bitFlyer 口座開設?|?fx-on.com

姉妹ブログへのリンク

FX自動売買のミラートレーダー成績報告
ほぼ放置状態でも1年で100万円稼いでくれたので、現在は元本を出金して継続中
FXの他CFD、バイナリーオプション、仮想通貨の確定申告の例をスクショありで掲載

ふるさと納税特産品報告や確定申告記入例
脱ニートで自身のふるさと納税再開予定

プロフィール

ねむねむ

Author:ねむねむ
30代前半男。
投資歴は株・FX共に10年近く
長い転職活動を終え、いざ
再びの不労生活を目指す(笑)

スポンサードリンク