記事一覧

転職活動の総括(書類・面接の改善等)

転職活動に関して、3月の記事では今後の不安や不満を書き綴りましたが、実際に入ってみると、給料の額面以外にも大切な部分というものも見えてくるわけですよ。


今の気持ちは、今回の転職に関してはとりあえず満足してもいいのではないかという考えに至りました。


自分はニート期間が4年近くあるわけですし、年齢相応の給料を探すよりかは仕事の成果で早く昇給できればという前向きな気持ちであります。


そこで今回は、自分と同じようにニート期間や転職活動の期間が長くなり悩んでいる方のためと言ってはおこがましいかもしれませんが、自分の1年近くかかった転職活動の成功までの総括を書いておきます。

スポンサードリンク

まず自分の転職活動の方針は、少なくとも見える範囲でブラック企業でないところ。具体的な優先順位は

1.年間休日が120日以上(土日祝日、夏季・年末年始、有給消化数多ければ尚良し)

2.固定残業(みなし残業)制度ではない(ほとんど形骸化すること必至なので)

3.退職金がある(中退共のような外部制度によるものは少ないのを知っているので却下)

4・投資家目線としては、自分の人生の時間を投資できるだけの会社か(成長性・倒産リスクなど)


と、ある程度選り好みした基準なのでぜいたく言うなみたいに思うかもしれませんが、定年まで働ける可能性を模索するなら多少時間がかかっても妥協しないことを決めていました。



転職活動でつまずいた部分と改善を以下の3点分書いていきます。

1.転職サイト選び

2.職務経歴書等の書き方

3.面接



最初に触れてきますが、ニート等のブランク期間の長さはあまり評価には関係ないかなと感じましたので、それで悩んでいる方はまずは動き出すことからスタートするのをオススメしたいです。


1.転職サイト選びは、とりあえず主要なサイトである、『リクナビネクスト』・『エン転職』・『マイナビ転職』・『DODA』あたりは全部登録しておいても損はないと思います。


ただ、経歴や状況にもよると思いますが、どのサイトもエージェント経由の応募は通過率が限りなく低いと考えます。
自分はわざわざエージェントに会いに行くのも面倒だと思ったので、応募だけしていましたので、きちんと面談すればある程度のところを見繕って紹介してくれるのかもしれません。


ちなみに自分の場合、エージェントサービスは30社くらいカスリもしませんでした。


そうでない場合は、まったく手ごたえがありませんので、むしろハローワークで就職活動実績を作りたいみたいな人は適当に応募しておけば面接にたどり着くこともなく、簡単に実績がつくれますよ(笑)


まあ、『DODA』にも直接応募できる企業もあるので、相性が良ければするする進む可能性もあるので、やはりこの主要4サイトは登録しておいて損はなさそうです。


また、勤務地を指定して探したいなら、しつこいCMでおなじみの『indeed(インディード)』を利用するのもいいかと思います。
例えば、『町田 経理』みたいな検索をすると、先の主要4サイトはもちろんのこと、企業HPで直接募集しているところや、小規模な転職サイトの情報などを広範囲に集めてくれますので、一度調べてみてもいいかもしれませんね。


2.職務経歴書等の書き方は、自分も最初の数か月は10社に1社程度しか書類に通らず、かなり苦労しました。
めったに書類が通らないのでは面接の感覚も積めないので、焦りながらネットの情報を参考に改造したりしましたが、一番効果があったのが、『ハローワークに相談する』です。


経験上ハローワークの求人はまったく信用していませんが、気軽に相談できる担当者がついてくれるのは心強いものです。
本当に藁にもすがる気持ちで職務経歴書の書き方を相談しに行ったのがきっかけでしたが、面接前に寄って緊張を和らげたり、将来の不安を聞いてもらったり(笑)、かなり時間をいただいてしまいましたので、今度一度あいさつに行こうと思います。


一番ためになったのは、職務経歴書には面接用に作り直すという概念です。
自分は転職回数もそれなりに多いので、転職サイトの様式をコピペして紙ベースで提出するとA4で7枚というボリュームでした。
これをアドバイスに従って2枚にまとめました。


最初は自分の伝えたい大切な部分をこれでもかと削りまくるのに抵抗がありましたが、見やすいわかりやすい書類作成も能力アピールの一つということですね。


これ以降、書類通過は3社に1社と急激に改善し、面接回数をこなせるようになったわけです。


3.面接については、ニート・転職活動期間が長いような人はみんな苦手だと思います。
それでも、たとえ話し方がたどたどしくても聞かれたことを自己アピールをしながら素直に答えられれば問題ないと思います。


自分も転職活動初期の反省をすると、話していることが決め手に欠けていたかなとか、そもそも話にまとまりがなかったかなとか、相手が求めている人材にアジャストしきれなかったかなとか色々思い浮かびます。


とにかく、面接まで来ているならあとはご縁かなと感じます。
面接でうまく話せないからと悩むことはないと割り切りましょう。


長引く活動の中、諦めそうになることもあるかと思いますが、自分の能力や経験が応募企業に合うタイミングは来るはずです。


自分も30代ですから今後、順調だった人生にリカバリーしていくのは苦労するかもしれませんが、同じような境遇の人のために今回は長々と書かせていただきました。
お互いより良い人生にしていけるようにできるだけのことはやってみましょう。

関連記事
スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告エリア

岡三オンライン証券 総合口座開設
岡三オンライン証券 総合口座開設
岡三オンライン証券 総合口座開設?|?fx-on.com
資金拘束なし口座のIPO申込み再開
「落選」通知がツラかったので、、


bitFlyer 口座開設
bitFlyer 口座開設
bitFlyer 口座開設?|?fx-on.com

姉妹ブログへのリンク

FX自動売買のミラートレーダー成績報告
ほぼ放置状態でも1年で100万円稼いでくれたので、現在は元本を出金して継続中
FXの他CFD、バイナリーオプション、仮想通貨の確定申告の例をスクショありで掲載

ふるさと納税特産品報告や確定申告記入例
脱ニートで自身のふるさと納税再開予定

プロフィール

ねむねむ

Author:ねむねむ
30代前半男。
投資歴は株・FX共に10年近く
長い転職活動を終え、いざ
再びの不労生活を目指す(笑)

スポンサードリンク